【自然で高品質】Pitch Monsterでピッチシフト&ハーモナイズ | Devious Machinesプラグインレビュー

【自然で高品質】Pitch Monsterでピッチシフト&ハーモナイズ | Devious Machinesプラグインレビュー

最終更新日:2024/01/24

※本サイトには、アフィリエイト広告またはプロモーション記事が含まれている場合があります。

今回は自然で高品質なピッチシフトとハーモナイズをメインにしたDevious MachinesのプラグインPitch Monsterをご紹介します。

自然なピッチ・フォルマントシフトだけでなく、グラニュラー機能やボコーダーとしても使える多機能ピッチシフターPitch Monster

実際に使ってみたレビューもふまえつつ、1つずつ機能をみていきましょう!

Pitch Monsterとは?

自然なピッチシフトとハーモニー・グラニュラー機能にボコーダーも

Pitch Monsterは、高品質なピッチシフトとハーモナイズをメインにしたDevious Machinesのプラグインです。

ボーカルをはじめ、様々なトラックに

  • ・ピッチシフト(音程)
  • ・フォルマントシフト(性別や年齢などの特色)
  • ・グラニュラー機能(音の時間的な並びや空間的な広がりを操作)
  • ・ボコーダーエンジン(MIDIで音程を操作・8声のポリフォニー)

といった効果を与えることで、声の音程だけでなく性別に由来する声質特徴の変化、合唱団のようなハーモニーやロボット的などへも変えることができます。

Pitch Monsterのダウンロードはこちら

Devious MachinesのPitch Monsterのダウンロードはこちら

Pitch Monsterの詳細・ダウンロードはこちら

Pitch Monsterの主要な4つの機能

ピッチを違和感なくスムーズにシフト

ピッチを変えるプラグインは多く存在しますが、Pitch Monsterは中でも自然な音程の変化が可能。

  • ・小数点第2位までの細かな調整
  • ・オクターブ+2〜−4という広い可変域

かなり細かな調整と、大胆な可変域の広さをもつピッチシフター。

実際に使ってレビュー:Pitch Monsterのピッチシフト

前述のように、数あるピッチシフターの中でも、かなり自然にピッチを変えることができるPitch Monster。MIXノブを使ってWET/DRYを調整することでシンプルなハーモナイザーとして使うことも可能。その場合左下のFilterでWet音のみ音域をハイパスやローパスにすると◎

滑らかなフォルマントとFIX機能

またフォルマントを使った声質のシフトも非常に滑らか。

通常、ピッチを上げると声が薄く、下げると声が太くなるというように、フォルマントも変わるため、声や楽器の音色が元の音とかけ離れ、自然ではなくなることがあります。

Pitch MonsterのFIXボタンは、ピッチが変更されてもフォルマント特性を元の状態に保てる機能。これにより、ピッチを変えても声質や楽器の音色が変わらない、より自然なサウンドを実現することが可能になります。例えば、ボーカルのピッチを高くしても、その声質を変えずに自然な高音を作り出すことができます。

実際に使ってレビュー:Pitch Monsterのフォルマントシフト

こちらもかなり自然に声の性質を変えることができます。ちなみにインプットするトラックの音域を設定することでよりナチュラルにシフトできます。

またピッチシフターで音程を変えてハーモナイズする際に、声質が変わりすぎて違和感が出る現状をFIXボタンを使うことで緩和できます。

グラニュラー機能

通常グラニュラー機能とは、トラックを小さな粒(Grain)に切り刻んでランダムに並び替えるシンセなどに搭載されている機能。

Pitch Monsterのグラニュラー機能には2つの効果があります。

  • PITCH SPREAD : ピッチに幅を持たせる。元の音からピッチの変わった音がUNISONで指定した数だけ現れる。
  • TIME SPREAD : 時間的に広がりを持たせる。ディレイがランダムに駆け回るような効果を得ることができます。

基本的にはGRAIN RATEで指定したトラックの一部を、UNISONで指定した数だけ増やす仕組み。他のピッチシフターには搭載されていないPitch Monsterのとてもユニークな機能です。

実際に使ってレビュー:Pitch Monsterのグラニュラー機能

最近様々なシンセに搭載されはじめているグラニュラー機能ですが、Pitch Monsterのグラニュラー機能はピッチの異なる声をバラつかせて空間FXやハーモニーのために使えるという面白いエフェクト。個人的にリアルタイムでGRAIN RATE、PITCH SPREAD、TIME SPREADなどを操作して記録するようなオートメーションとの親和性がとても高いと感じました。作り込みが足りないと感じるトラックや、WETを低くして隠し味的に追加しても面白いと思います。

MIDIを使ったボコーダーと3つのスタイル

NORMALモード
MIDIモード
CHORDモード

Pitch Monsterには3つのスタイルがあります。

  • NORMALモード:ピッチホイールで指定した単音が鳴るモード。
  • MIDIモード:MIDIを使って8つまでの異なる音程を使って、元のトラックに変化を与えるモード。
  • CHORDモード:コードとして音程を保存しておき、パッチを読み込むことで保存された音程を鳴らすことができるモード。

実際に使ってレビュー:Pitch Monsterのボコーダー機能

とてもシンプルで必要十分なボコーダー機能。Pitch Monsterで使えるフォルマントの音がボコーダーの音になります。ボコーダーはMONOとPOLYが選べますが、モノのGLIDEも伸びるようにノートをつなぐことができて◎リアルタイムで音声を入力しながらのプレイでも問題なく使えたので、ライブなどでも活躍しそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は高品質なピッチシフトとハーモナイズをメインにしたDevious MachinesのプラグインPitch Monsterをご紹介しました。

自然なピッチ・フォルマントシフトだけでなく、グラニュラー機能やボコーダーとしても使える多機能ピッチシフターPitch Monster

気になる方はこの機会にチェックしてみてくださいね!

ではではまた次回!

Pitch Monsterのダウンロードはこちら

Devious MachinesのPitch Monsterのダウンロードはこちら

Pitch Monsterの詳細・ダウンロードはこちら

いま、DTMerに人気の記事Popular

本記事に登場 & 注目のPICKUPおすすめプラグインをピックアップ

関連するプラグインvocoder-pirchshifterおすすめのボコーダー&ピッチシフター

いま、DTMerに人気の記事Popular