【リミッターはNG】音圧を上げたいなら、マスタリング前に解決したい2つの落とし穴

【リミッターはNG】音圧を上げたいなら、マスタリング前に解決したい2つの落とし穴

最終更新日:2024/01/18

※本サイトには、アフィリエイト広告またはプロモーション記事が含まれている場合があります。

マスタートラックに、がむしゃらなリミッターを使っても音圧は上がりません。

マスタリング最終段階ではもちろんリミッターを使いますが、それまでのミキシングが堅牢にできていないと、リミッターを使ってもただ歪んだ音量の大きいトラックになってしまいます。

今回は「音圧を上げる」という最終目標に向け、解決すべきいくつかの問題について解説していきます。

具体的にはマスタリングでリミッターを使う前までの工程、つまりミキシングを堅牢にするための基本的な知識に加えて、音圧を下げる要因になる落とし穴を一つずつ潰していきましょう!

ミックスについてより詳しく学びたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

ちなみに今回は「音圧を上げる」という表現で統一しますが、作ったトラックがプロの楽曲より小さいと感じる時、調整するべきなのはラウドネスの可能性が高いです。

ただどちらも今回解説していく問題点を押さえておけば基本的にはOKです。

それでは早速見ていきましょう!

落とし穴① 不要な音域が残っている

人の耳に聞こえない20Hz以下の音域が残っているシンセトラック

まず1つ目の落とし穴として、各トラックまたはマスタートラックに不要な音域が残っているという問題があります。

不要な音域がトラックに残っていると、適切なトラックの圧縮ができずに音圧が上がらない現象がおこります。

今回使うプラグインはFabfilterのProQ3

基本的にEQであればなんでもOKですが、今回使うのは筆者も愛用しているFabfilterのProQ3です。

ProQ3の詳しい機能はこちらで解説しています。

不要な音域を削るEQとしても、重なる音域を抑えるマルチバンドコンプとしても使用できる上、音域の被りを視覚化してくれるので削るべき場所が一発でわかって簡単に処理できます。

プロ御用達のプラグインですが、ミックス初心者ほど早いうちから導入しておくのがおすすめ.。

各トラックに残る不要な音域

ギターの100Hz以下に残った音域がベースのメインの音域と被ってしまう

例えばスネアやギターの低音成分は音に厚みを生む要素ですが、それぞれキックやベースなどの低音をメインとする楽器の主成分と重なってしまいます。

不要な音域が重なると、各トラックの音抜けが悪くなる上に適切な圧縮ができず、音圧もあがりません。

各トラックが出している音域を確認しつつ、重なる部分ではどちらを優先するかなど認識しておくことが大切です。

マスタートラックに残る不要な音域

マスタートラックに残る不要な音域として意識するべきなのは、30Hz以下の低音です。

30Hz以下の低音カットに関しては諸説あり、全カットすることでトラックからエネルギーが失われると主張するDTMerもいます。

確かに人の可聴音は20Hz以上なので30Hzはギリギリ人が聞こえる音域ですが、実際にはこの音域を再生できる再生機器はほとんどありません。

聞こえない音域をミックスするのはほぼ不可能な上、ほとんど聞こえないこの領域がマスタートラックのリミッターのスレッショルドに触れて適切な圧縮が妨げられてしまうので、筆者は30Hz以下の全カットを推奨しています。

解決策①EQで不要な部分を削る

超低音部分は全カット

30Hzより低い音をLow Cutする

DAWデフォルトのハイパスフィルターやEQなどで30Hz以下は全てカットしてしまいましょう。

キックやベースなどの低音トラック、マスタートラックはもちろんですが、意外と多くのトラックでこの領域に音があるので全トラックにデフォルトとしてハイパスフィルターを入れておいても◎

低音部分はEQよりコンプ

ベースやキックなどのトラックに低音部分はEQよりも次項で解説しているマルチコンプを使うほうが一般的です。

中音域ではどちらを優先するか意識する

ProQ3を使うと今のトラックと重なっている音域が見れるので非常に便利。

ギターやピアノとボーカルは音域が重なることが多いですが、その場合どちらを聞かせるか意識しましょう。

例えばギター単体で聴くとミドルが削れたいわゆるドンシャリはペラペラしたイメージになりますが、ボーカルがあるトラックを全体として聴くと結果的にバランスが良い場合が多いです。

次項のマルチバンドコンプや専用のプラグインでダッキングすることで、ボーカルが入ってるときだけ中音域を抑えることも可能です。こちらも後ほど解説します。

高音域は何度もチェックする

アナログ機材を忠実再現したプラグインには、不本意に生じるノイズまでエミュレートされている場合が多く、NoiseのOn/Offスイッチがついていることが多いです。

ハイハットやシェイカー、ボーカルの空気感、リバーブの反響、ノイズなどが該当する高音域部分は、中音域と比べると楽器の重なりが少ないため非常に音が抜けやすいです。

高音域が強すぎると、音圧を上げる段階でキンキンとした不快な音がしてきます。特に低音が小さく中高音が聞こえやすいスマホスピーカーでは、更にそれが強調されるので注意が必要です。

手間はかかりますがスマホスピーカーで繰り返しチェックすると、簡単に改善することができます。

EQでカットするときの注意点

緩やかなカーブを使って3dBほどのカットに抑えた例

EQで不要な音域を削る際には、下記の2つに留意すると自然なミックスに仕上がります。

  • なるべく緩やかなカーブを描くQを使う
  • 最大でも5dBくらいのカットにとどめておく

スネアやギターの不要はスパッと切りたくなりますが、緩やかなカーブを使ってカットするほうがミックスした際にうまくトラック同士が馴染んで◎

解決策②ダッキングで抑える

音域ごとにコンプレッサーをかけられるマルチバンドコンプレッサーProMB

低音域にEQでなくダッキングを使う理由①

低音域はトラックにエネルギーを与える非常に重要な周波数帯。EQを使った音域処理は、基本的にはずっと削り続けるため特定の低音域をEQでカットするとトラックのパワーを損ないます。

例えば、4つ打ちキックと重なるベースの60HzあたりをEQで削ると、1小節に4回、コンマ何秒のためにベースが常時薄くなってしまいます。

低音域にEQでなくダッキングを使う理由②

キック(グレー部分)とベース(赤部分)の周波数成分は似通っている

低音域の主な成分は、ドラムのキックとベース。

たいていの場合どちらも非常に似た周波数から成っているので、EQで処理する場合、優先しなかった方がペラペラになってしまいます。

結論:低音にはダッキングが最適

ProQ3を使ったダッキング。キックの音が鳴っている時のみベースの水色部分の音が圧縮されキックが聞こえやすくなる。

低音域はダッキングで処理するのが◎

ダッキングとは、キックが鳴っているときだけ、ベースの同じ帯域を圧縮して音を小さくすることで、どちらのトラックもほとんど損なわずに両立させるテクニック

ダッキング専用プラグインを使うことで、簡単に低音のミックスが完了
コンプレッサーを使ってダッキングすることもできます。

ボーカルと重なるギターやピアノにも応用して、ボーカルが鳴っている時だけ他の楽器の音量を下げるのもよく使われるテクニックです。

落とし穴② 各トラックのダイナミック調整不足

音量差の激しい元音源(上)とコンプレッサーでやや強めに圧縮したトラック(下)

2つ目の落とし穴として、各トラックのダイナミクス(音量)の調節がしっかりできていないことがあげられます。

小さな音量差が、マスタリングの不具合を引き起こす

ミックスの際、ほとんどのトラックにはコンプレッサーを使います。これには多くの理由がありますが、その一つが突発的に上がった音量を抑えることです。マスタートラックで使うリミッターがこの音量を目印に圧縮してしまうと、リミッターを使ったのに音圧が下がる部分が生まれる場合があります。

ロックなどのジャンルでは、大きな音が集まるサビの頭などでよくこの現象が起こります。

解決策 : 基本的にすべてのトラックにコンプを使おう

音量差がほぼないトラック(上)にはコンプは必要ではないが、この例ではアナログコンプのサチュレーションを付加するために使用した(下)。

“基本的に”すべてのトラックにコンプを使いましょう。ただし、音量差がほとんど無いようなsineなどの基本波系のシンセなどには、圧縮の役割でのコンプは不要。

またボーカルなど抑揚の激しいトラックはコンプレッサーの前にオートメーションを使って音量差をある程度均一にしておくと、コンプレッサーが綺麗にかかるのでおすすめです。

プロ品質を求めるならコンプは必須

温かみのあるアナログOPTTeletronix LA-2A Leveler Collection(左上)、ベースにすっきりしたサウンドに変えるTeletronix LA-3A Audio Leveler(右上)、Radioheadも使っているバスコンプShadow Hills Mastering Compressor Class A(左下)、コンプとサチュレーションが独立していてバス工程を1つで完結させるBus Processor(右下)

今回は音量差を抑える目的でコンプレッサーを紹介しましたが、ミックスにおいてコンプは必要不可欠なプラグイン。

OPT系コンプの代表であるLA-2Aコンプは、ボーカルに使うとアナログコンプ特有の暖かみを加える事ができたり、

shadow hillsなどのバスコンプと呼ばれるコンプはトラック同士をまとめるのにプロが使うひみつ道具。

他のプラグインと比べると効果が体感しづらいため嫌煙しがちですが、プロ品質を求めるならコンプは必須。少しずつ体感的に理解していくことで、コンプレッサーの面白さにハマるはずです。

いよいよマスタートラックの音圧を上げる

ミキサー卓の代名詞SSLが出しているリミッターX-Limite

大きく2つの問題を解決したあとで、いよいよマスタートラックにリミッターを使っていきましょう。

個人的にはマルチコンプとリミッターの2段階で音圧調整するのがおすすめ。

まずはマルチコンプで周波数帯ごとに圧縮

マルチバンドコンプレッサーMultiband X6で、周波数ごとに圧縮

マルチコンプレッサーを使って低音や中音域など周波数帯をいくつかに分割したうえで圧縮していきます。

現代音楽の多くは低音〜中低音にエネルギーが集中しているので、そのままリミッターを使うと低音〜中低音の基準で中高音〜高音域が圧縮されてしまいます。

帯域ごとに必要な圧縮を行うために、マスタートラックの1つ目の圧縮(音圧アップ)として、リミッターの前にマルチバンドコンプレッサーを使うのがおすすめ。

いよいよリミッターで音圧アップ

圧倒的におすすめなiZotopeのOzoneシリーズ。歪むことなくクリアに音圧を上げられるiZotopeの技術力が詰まったマスタリング用プラグイン。

ここまで順調に進んできたらあとはリミッターを使って音圧を上げるだけです。

リミッターによって音量を基準に圧縮するか、ラウドネスを基準にするか、圧縮が開始されるまでの速度の調整などパラメーターの種類や数が異なります。

おすすめはiZotopeのOzoneシリーズで、比較的簡単な設定で非常に高品質な音圧を得ることができます。 

まだ間に合う!期間限定プラグインセール中!

Ozone 11最大72%OFFで購入可能!

セールは2024/3/27まで。

気になる方は今のうちにチェック!

\ 2024/3/27までの期間限定!まだ間に合う!/ セールの詳細はこちら

音圧アップする際に注意すべきこと

iZotopeのAudioLensiZotopeのOzoneシリーズ(standard/advance)と連携することで、リファレンスに合わせたマスタリングが一発でできる優れもの。

音圧を上げる際に注意しておくべきことがあります。

それは、必ずリファレンストラックを用意して比較しながら行うことです。

しっかり基準を作ることで、マスタリングで陥りがちな「リミッターかけすぎて歪んでる」を防ぐことができます。

基本的にリファレンス比較用プラグインを購入しても、リファレンストラックは別途mp3として購入する必要があります。

iZotopeのAudioLensなら、iZotopeのOzoneシリーズ(standard/advance)と連携することで、リファレンスに合わせたマスタリングが一発で可能。

さらにApplee MusicやSpotifyなどのサブスク上の音源をリファレンストラックとして使用することができるので、長い目で見ても相当コスパの良いプラグインとなっています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は音圧を上げる際に解決するべき2つの落とし穴と、リミッターを使った音圧アップの流れをご紹介しました。

ミックスについてより詳しく学びたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

ではまた次回!

いま、DTMerに人気の記事Popular

本記事に登場 & 注目のPICKUPおすすめプラグインをピックアップ

いま、DTMerに人気の記事Popular